年末、年始*

明日から通常の日常が始まる。12/29~1/3はずうっっと娘と一緒だった。四六時中っていうのはさすがに大げさだけど。

6日間あまり出歩かずゆっくりとだけ過ごすつもりでいて、娘と一緒に存分に昼寝できて大満足だったけど、年明けすると出かけたくなってきて、吉祥寺などに行ってみた。娘と私、双方の需要を満たしてくれるのが吉祥寺、である。らぶ。

6日間の娘はというと、家にいる時間が長いこともあってあれこれ興味を示してやってみる。自分でクレヨンとスケッチブックを見つけてテーブルに持っていって殴り書きを始めたり、棚の上にあった私の口紅を背伸びして取って自分の口にぬりぬり。リップや口紅には前から興味津々だったからやっぱりと思った。食べ物で遊ばれるのに比べれば、テーブルや鏡にクレヨンで落書きされようが口紅で悪戯されようがかわいいものだ。余裕を持って対処できる。激落ちでほぼ消せるし。

祖母(娘にとっては曾祖母)から贈られたメルちゃん人形をお風呂に入れて「メルちゃんの髪ピンクになったね」と話しかけると「ピンキュ♡」と言う娘。「アンパンマン(今まではアンパンだった)」「ありがとう」「はぃどーぞ」など、まだはっきりとした発音じゃないけど、語彙が増えてきた。

イヤイヤも増えてきた。特に外出中。電車で私が座りベビーカーにいる娘と向きあっていると、抱っこしてと言わんばかりに両手を広げてくる。降車まで時間が長ければ娘の要求に応じてもいいけど、20分くらいだったら正直しんどい。降車駅に着く前に娘をベビーカーに乗せようとすると、イヤイヤ&キーキー声でめちゃくちゃ抗議される。上着のポケットに忍ばせておいたおもちゃを渡したりして何とか間を持たせようとするけど、あまり持続しない。観念してベビーカーから降ろすと、娘は喜んで抱きついてきてそのうち膝に乗る体勢になったり、隣に座ってみたり。あるいはシートによじ登って窓の外の景色を眺めたり。親の私は娘の靴を脱がさなきゃ(もしくは脱ぐように指導なければ)いけないわけだけど、これすんごい面倒だと思った。脱いだらまた履かなきゃいけない、すんなり履くとは限らない(ベビーカーに戻るのだって嫌がる可能性が高い)。土足でシートに立つなんていけないし、それを容認する親がいてどうのこうのという話は何度も何度もネット記事で読んだし、そりゃあいけないんだから容認しちゃいけないと思う。が、親の立場に立ってみてわかった。本当に大変なんだこれ。超面倒くさい。まだ2歳前の子どもだと親が手伝うしかないし(2歳前だけど自分で脱ぐ子もいるのかもしれないけど)。

あちこちのお店を見て回っていると、娘が商品に手を伸ばし離さなかったり。本当に買うつもりだった際には、店員さんが娘が持つ商品のバーコードシールをはがしてスキャンするなど対応してくれたり。空っぽの飲むヨーグルトをパックを自分で持ちたいのかと思ったら差し出してきて受け取ったらキーキー。どっちだよ。「イヤイヤ」はともかく「キーキー=奇声」はうちだけか? と気になってくる。だから外出先でよその子がキーキー言っていると心底ほっとするっていう……。外出すると、公園や遊び場以外の場所(ショッピングビルとか)ではどうしても親のペースになりがちだったけど、そろそろ見直そうかなぁ。

6日間、パソコンはあんまり触れなかった。夜娘が寝た後、クラウドソーシングでちょっとでも仕事やったほうがよかったのかもしれないけど、1日中娘と過ごす日が6日も続くんだから体力温存するべきだと言い訳していた。単価がいちいち低すぎてやる気になれなかった。

12/26、12/27のこと*

月曜(12/26)の出来事は、夕食のパンケーキやSMAP×SMAP最終回について既に書いていたけど、本当はもうひとつ、すごくうれしかいことが(保育園の連絡帳に書いてブログには書きそびれ)。

 お風呂に入っている時、娘が自ら「てをたたきましょう、タンタンタン(激しく喃語混じり)♪」と歌い出した。もちろん、ほとんど喃語だったけど、何のメロディなのかはちゃんとわかった。保育園で習ったんだろうな。はじめて聴く娘の歌声に、素直に感動した。育児そのものより、育児を取り巻くあらゆる面倒事にイラっとしていた最近だったけど、こういう時、本当に良かったと思う。

 火曜(12/27)は、保育園に迎えに行ってそのまま眼科へ。受診するのはママ。メヤニ?が続いていたから受診したのに、眼科医はやや塩対応。ムカつく。(まさか、マル親の医療証持ってるからじゃないよね?)それでもとりあえず大したことはないというのを信じよう。

 待合室で、娘は絵本よりちびまる子ちゃんの四字熟語の本に興味を示す。ページめくったりしているけど、逆さま。ママも読みたいな〜。診察室に呼ばれた時は比較的あっさり本を手離した娘だったけど、会計待ちの間にまた例の本を持ち出し会計が済んでからも手離さない。イヤイヤグズグズ。なだめて説得したけどダメで、娘が納得するまで付き合えば良かったのかもしれないけど、時間的にも場所的にもあまりそこに留まりたくなかった私。結果、娘はギャン泣き。自宅マンションに着きベビーカーから降ろすと、エントランスや階段に転がって癇癪。10キロ未満の子どもとはいえ、癇癪を起こしている人間を抱っこして階段を上るのはキツいわ。娘は部屋に入ってからもしばらく癇癪が続いたものの、夕食時には落ち着きを取り戻し。

 保育園は28日までで、昨日今日は娘とゆっくりだらだら。普段の週末は、家にいると何となく息が詰まるのと、出かけたほうがいいという脅迫観念から、外出することが多いけど、家だと親も一緒に昼寝ができるのがすごくイイ。添い寝したほうが娘もよく寝るし。あと4日なるべくゆっくりだらだらしよ〜。

うさくまちゃん、夜空ノムコウ、つまらない常識*

娘と一緒に夕食のホットケーキを食べながら、食器洗いしながら、お風呂上りにあれこれしながら観賞した『SMAP×SMAP最終回』。夕食の時に久しぶりにちゃんと『夜空ノムコウ』を聴いて懐かしくなった。

この曲のPVで、香取慎吾のコートのポケットに入っているぬいぐるみ、うさくまちゃん。うさくまちゃんは『ご近所物語 完結編』でも登場していて、当時小学生だった私は姉(当時二十歳前後、現在アラフォー3児のママ)との買い物中に実物を見つけ、姉妹で大興奮。『ご近所完結編』掲載の誌面上で行われていた抽選で、うさくまちゃんも当選グッズとして登場していて写真もあったけど、まさか実物と出会えるとは。こんなどーしようもないような田舎のショッピングセンターのおもちゃ売り場で。感動した。即決で購入(姉に買ってもらう)。それからほどなくして『夜空ノムコウ』が大ヒットして、PVを見ていたら香取慎吾のポケットにうさくまちゃん(私のとは色違い)がいてまたびっくりだった。私のうさくまちゃんは上京する時実家に置いてきたから処分されている可能性もあるが、奇しくも先月高円寺で2度目の出会い。またまた即決、Usedを購入(300円くらいだった)。せっかくまた会えたんだから今度はずっと持っていたい(今のところ娘のおもちゃになっているが)。

夜空ノムコウ』、当時はジャニーズにはわりと珍しい静かな曲だなーとか思っていた。今回改めて聴いてみて不覚にもしんみりした。大人が少し前を思い出して感傷に浸っているような歌詞。中でも“つまらない常識など つぶせると思ってた”(ロケットニュースで取り上げられているw)っていうところ、自分自身も激しく共感できちゃって、もう……(そういう大人は大勢いるかも)。つまらない常識をつぶしていこうでもつぶしてやるでもなく、“つぶせると『思ってた』”。

常識とか世間体とか、どうでもいいって思っていても、自分の思うようにしか生きられなくても、そういう自由な自分が自分のすべてではない。常識の一部分はもしかしたらつぶせたのかもしれないけど、別の一部分ではどっぷり縛られているんだと自分で思うことがある。

たとえば、妊娠して出産してシングルマザーになったからといって、子どもを育てられさえすればどんな仕事でもいいということはなかった。別にそのようにある必要もないと思う。思うけど、その根底には常識とか世間体もさながら、自分的にアリかナシかっていうのがあって、アリナシを左右しているのは自分の意地とかプライドとか他者の視線とか他者との比較だったり。まあ働くのは自分だし、職業選択の自由はあるし、子どもがいて他者と関わらずに生きれるはずもないし、しょうがないか。

節約ホットケーキ*

冷凍ごはんのストック切れに気づかなかったから、夕食の内容を急遽変更してホットケーキ、ポテトサラダ、トマトに。

しかも牛乳も切らしていたのにスーパーで買うの忘れていたから、ホットケーキは以前姉から聞いた節約ワザ(LEEを読んで知ったらしい)、卵も牛乳も使わず、ホットケーキミックスを水だけで溶いて焼くっていうのをやってみた。結果、卵と牛乳を使ったものよりしっとりしていて口あたりが軽く、むしろこっちのほうが自分好み。今までは、消費期限の差し迫った牛乳を消費するためにホットケーキを焼くことが多かったけど、これからはできないな。娘もパクパク食べていたし。ちなみにポテトサラダはスーパーの総菜(30円引き)。

姉とは世代も違い、趣味嗜好も自分とは180度までいかなくともあまり共通せず、価値観や思考回路もかけ離れていて、物事の前提が食い違っていて、会話が成立しなかったり的外れなアドバイスをもらったり(失礼)することが多いが、今回はでかした。

育児ストレスの原因*

今はっきりわかった。子どもが生まれる前から、いや妊娠中から薄々そんな気がしていたけど、育児していて何が自分にとって最もストレスなのかを。

頭痛がひどすぎたから保育園に連絡を入れ、娘の預かり時間を延ばしてもらい、18:00過ぎると延長保育になるので18:00に迎えに行く気でいたけど、頭痛はほとんどよくならなくて、再度保育園に連絡、結局迎えに行けたのは18:30過ぎ。娘ゴメン。

翌朝娘を保育園に送っていくと、園長が話があると。自分にとって不都合な呼び出しってなんでぴんとくるんだろうね~。

昨日のいつ頃から頭痛がしたのか、そういう時はどうやって対処しているのかまず聞かれて、そんなこと聞かれるのだって正直不愉快だけど、そらにその後「そういう時わたしだったら、早めに子どもを迎えに行って夕食などを済ませ、さっさと寝る」と。時間の約束は守ってほしい、今後こういうことにならないようにファミリーサポートに登録したら、とも。

……頭痛がまだ少し残っていたのもあって、すごくイライラした。保育園自体は20時までやっていて、保護者の勤務時間に合わせて保育時間は決まるわけだけど、電車遅延で遅れるとかやむを得ないことはあり、そこら辺は保育園だって承知しているはずだ。けれど頭痛とか体調不良で1時間遅れるのは困る、だったらファミサポ(登録すれば保育園の送り迎えを頼める)使えっていうのが、釈然としない。もう、はっきりいってすごく面倒くさい。20時までやってんのに。

今回よりも体調不良がひどくて20時になっても、とても迎えに行けない!っていう事態に備えてファミサポ登録をするのはアリだと思う。思うけど、20時までに迎えに行けるっていう時は保育園で預かってくれたほうがやっぱり助かる。ファミサポは有償ボランティアだし、使ったことがないから細かい実態はわからないけど、預かってくれる方の都合がつかなければ預かってもらえないみたいだし。

園長の「わたしだったら…」発言には、本来私に対する強制力なんかないだろうけど、私にしてみれば価値観を押し付けられているように感じてしまう。言っているのが園長だから園の意見箱に書くのも微妙だし、かといって役所にクレーム付けるほどでもないし。「約束時間を守ってほしい」とも言われ、でも保護者側が「『何が何でも』守る」と約束するなんて極論不可能だ。園長はそういう極端な意味を込めては言っていないのかもしれないけど、今までの9か月間を顧みても「とにかく、なるべく、極限までとは言わないけどなるべく、子どもを預かる時間を短く!」っていうのが伝わってくるのだ。認可保育園ってそういうところだと言われればそうなのかもしれないし、待機児童になっていたらもっと困っていただろうし、窮屈に感じるのは親(っていうか私)のわがままだっていう意見もあるかもしれない。が、そもそも毎日多忙な親に「子どもを預かる時間を短く!短く!」って働きかけたところで、親はストレスを感じまくって子どもにいい影響なんか出ない。

育児そのものより、こういう外部との間に生じるちょっとしたアクシデントのほうが、私はよほど面倒くさくて疲れてくる。

はじまったかもしれない*

朝の修羅場の凄まじさが日に日に増してきているここ最近。着替え拒否、手洗い拒否。一応「ごはんと着替えどっちやる?」と聞いてみたりもしているけど、どこまで通じてるんか、ぶっちゃけよくわからん。聞いたところで娘は首を横に振って「イヤイヤ!」だもん…。

そんな感じの娘だから、体温測るのは辛うじていつもスムーズだけどそのほかの物事はまったく順調に進まない。顔拭いたり(0歳児の頃から嫌がる)、クリーム塗ったり(乾燥気味だからできれば朝も塗りたい)、髪結んだり(時間があればツインテールしたいところ)、アウター着たり(最近ほぼ毎日拒否されこっちも諦め気味)など、じっとすることは滅多になく、ほとほと世話を焼きづらい。1歳8か月だから仕方ない(笑)

今朝は、それらを乗り越えてようやく準備が整い、やぁっと玄関に向かおうという時になって昨日買ったテッドを引っ張り出す。おい娘、さっきまで見向きもせず、昨日帰ってからも放置してたやん(苦笑)気に入ってくれたのはうれしいし、確かに昨日はテッドと一緒にベビーカーに乗って帰って来たけど、それは昨日限りのことだから!テッド留守番を主張する私に、ぎゃあ~~と泣いて抗議する娘。もう朝からぐったりだ。今後もこういうことに度々見舞われるのか。

それでも玄関を出て、抱っこして階段を降りたりしているうちに機嫌が収まったのか、予想よりもスムーズにベビーカーに乗ってくれた。保育園に着いてからもわりといつも通り、特にぐずることもなく。気分が晴れないのは親だけ(私まだぐったり)。

1歳児の教室で、おむつ交換(園のルールで在園中は布おむつ、朝は保護者が交換することになっている)していると、5月生まれで既に2歳半越えしている女の子のママが「何で家ではなかなか着替えしてくれないのに、保育園の先生とはできるの~」と嘆いていてゾッ。少なくともあと1年は今のような朝が続くのか。

お迎えの時、近くにいた先生に話しかけられて「最近着替えしてくれないんです」と言うと、「イヤイヤはじまったんじゃないですか」と。やっぱりはじまったのかイヤイヤ期。

 

何足目だ*

週末終わり。先週土曜のようなアクシデントはなく、寝かしつけは手こずらされたけど娘はすやすや眠っている。

今日はフリマへ。フリマは時々行っているけど、収穫があるのは出店数多いBIGフリマだっていうことがよくわかってついつい散財。荷物多くなって、あーあ何やってんだろうあたし、とか思ったりもして、でも帰ってきて広げてみて余計な買い物はしていなかったこと確認し、改めて充実感。まぁいいいかと。

娘にはテッド(300円)を(クリスマス)プレゼント。前に母親と3人で買い物した時キディランドで売っていて買ってもらおうか迷ったあげく見送ったけど、今となっては買わなくてよかった!

自分のコンバースの色落ちと踵擦り切れが進行していたから、代わりとなるスニーカーを物色。コンバースにこだわっていたわけじゃないけど、結局またコンバース(800円)をゲット。人生何足目だ。はじめてコンバースを買ったのは小学校高学年で赤のハイカットで、星マークがなぜ内側にあるのか疑問だった。あれから何度も何度も何度買って履いて履きつぶしてを繰り返し(たまにしか履かず10年近く物持ちしたものも)。生成色なんてハイ・ロー合わせて5足くらい買っている。今日買ったのはハイカットで、育児中の人にハイカットは向かないと思うけど、色が好きだったから仕方ない。またお世話になります。

あとは、娘&私の服を数枚。買っときゃよかったと今になって思うのが、マンハッタンポーテージのメッセンジャーと赤のカンペン。しゃあないまた今度。ささっと見て帰るつもりが長居しちゃって、お昼ごはんが遅くなってしまった。娘ごめん。

それにしてもベビーカー移動がメインの毎日で、私と娘はもうベビーカーのベルトに依存しまくり。ベビーカーでエスカレータに乗るのとか、店の出入り口の段差を降りる時持ち上げずにガタンとやるのとか、一歩間違えるとほんと危ないって思いながらもやってしまっている。ベルトがちゃんとはまっていなかったらと思うとぞっとする。電車の乗り降りも、ホームとの間に隙間がある時は持ち上げたほうが安全なのに、ベビーカーの後ろ車輪(をつないでいる部分)を蹴って前の車輪を高くして乗せたり降ろしたりしてしまっているし。もう、ほんと気をつけよ。時間を気にせずゆったり気分で行動すればこういうことをしなくなるのかな。みんなどうしているのかな。