土曜の午後は最悪*

土曜は新宿にお出かけ。タカシマヤの星形の風船が気に入ったらしく紐を握りしめたまま、ベビーカーで眠ってしまった娘。私は娘の手からそぉっと紐を抜き取ってベビーカーの取っ手に括っておいた(廃棄しようか迷ったけど)。

駅に着いて、スーパーで買い物して、会計している途中くらいに娘が起き出して風船寄越せと騒ぎはじめるから、も1回娘に風船を持たせて自宅マンションへ。エレベーターのないマンションの2階に、私と娘は住んでいる。娘が自力で上るにせよ私が抱っこして上るにせよ、とにかく階段を上るしかないわけで、エントランスでベビーカーを止める。ベルトを外すと娘、自分で降りようとする(これも危険ポイント)。で、アクシデント発生。風船を持ったまま階段を上りはじめた娘が足を踏み外し、階段を転がる。風船を持たせたままっていうのはマズかった(腕に括りつけていても階段を上る時は外して大人が持つべきね、1歳8か月なんだから(T_T))。おまけに娘の両手をつかない方法のいわゆる“大人の上り方”もマズかった。最近この方法を実践したがるけど、娘の大きさ的に難しいという…。親である私の不注意だ。

上りはじめてすぐに踏み外したから、ことが起こったのは1階に近い地点、娘が転がったのは段差1段分だけだったのも幸いだったけど、娘は大泣き、彼女の口の周りは血だらけで、焦ってハンカチで血を拭いた。私が見たところ口の中は出血していない、外側の下唇が5ミリほど切れている。あと、下の歯が若干歪んでいるような気もした。

平日だったらさっさと小児科に駆け込んでいるが、この時よりにもよって土曜の15:30過ぎで、一応近所の小児科に電話してみるも留守、もう1軒の小児科も留守。そりゃそうだよね~。

とりあえず部屋に戻って自治体の子育てガイドに掲載されているいざという時の連絡先リストをチェックすると、土曜の午後がいかに最悪だっていうことを痛感させられる。小児救急ダイヤル(夜間に子どもの体調の相談にのってくれる。医療機関を受診したほうがいいかなど)は18:00~。小児救急センターは18:30~。休日夜間救急も同じく18:30~。うちの娘は空白の数時間にケガしたのか。

唯一、救急医療情報センター(医療機関案内)は24時間対応のようだから、早速電話。事情を離すと、嘔吐などの症状はないか聞かれて、なさそうだったから「ない」と答えた。あっという間のできごとで、頭を打ったかどうかもよくわからないことも伝えた。すると相手は、下唇のケガだからと、休日診療当番らしき形成外科を紹介してくる。あと歯医者と。正直ちょっと腑に落ちず、念のため小児科も聞いておいた。3か所ともうちから一番近いところを教えてくれたのだろうが、わりと遠い 。あとは救急病院という選択肢。救急医療情報センターは、あくまで医療機関案内に過ぎず、こちらに適切な助言をくれるという期待はできない。

あっと思いついたのが、娘が通っている保育園。土曜保育もやっているから電話すれば誰かしら出るだろうし、もしかしたら看護師のSさんがいるかも。すぐに連絡したら、運よくSさんが出た♡さっきの説明を繰り返したところ、Sさんは娘を直接見ているわけじゃないことを前置きしつつも、嘔吐などがないようならばとりあえず家で様子を見ていればよいとのこと。あと、形成外科はちょっと違うんじゃないのかと(苦笑)。下唇の切り傷より、頭を打ったかどうかが問題だからね。歯医者も急いで行かなくてもいいのでは、と。保育園あってよかったーまじで。

念のため18:00過ぎに小児救急ダイヤルにも聞いてみたが、やはり似たような回答で、週末明けに歯医者には行っておいたほうがいいとのことで、日曜は公園に行ったりしていつもどおりに過ごし、月曜(一昨日)の夕方歯医者へ。診察の結果、土曜のケガが原因で歪んだのではなく元々こういう歯並びだったのではないか、と。最近の子は顎が小さくて歯並びにも影響するらしい。なるほど。そしてひと安心。

ぶっちゃけ私自身、土曜のケガ以前と以後とで歯の状態が変わったのかどうかイマイチわからなかったのだ。前からこうだった気がしないでもない…と悶々としていたが、やはり前からやや斜めに生えていたらしい。なぁんだ。

とにかく大事に至らずほっ。いい勉強になった。危ないことは大泣きされても止めねばと心に誓おう。