育児と家事とジレンマと・・・*

今夜はカレーを圧力鍋でぱぱっと作っちゃおう、娘もカレーは大好きだからささっと食べるだろう、そういう心づもりでいた私。

確かに調理時間は短かった。圧力鍋の加圧が終わるまでの間は、後で投入予定のリンゴをすりおろしたり、娘が保育園で使ったお食事スタイ&口拭きタオルを洗ったり。気持ちにも余裕が。

そんな私の余裕を打ち砕く娘の行動。最近どーゆーわけか(保育園の月齢の高い子たちの影響かなー?)、自ら進んで(勝手に)おむつを履き替えようとする娘。脱ぐことはできるのに履くことは今ひとつ(これがまた性質悪い。Mサイズがきつくなりつつあっていい加減Lサイズにするべきところを、ストックがあるがためにもまだMサイズを使っていて履きづらいのかもしれないが)。それでもおしっこだったら許容範囲。ところが娘は今日、とうとううんちをした後のおむつを自分で脱ぎやがった…。いつかやってくれるだろうとは思っていたが、脱ぐ能力はあっても拭く能力があるはずもなく、地獄絵図。

処理に追われてカレーの完成は後回し。娘は機嫌よくカレーを平らげ、デザートのバナナもむしゃむしゃ。皮がついているのを自分で持って食べたいんだと(最終的に皮をしゃぶり出す)。

やれやれと食器洗いに取り掛かる私、キッチンバサミを洗う時に右手親指を切って出血。バンドエイドを貼ろうと思ったらちょうどいいサイズのものがないし、結局小さいサイズのを貼ったけどゴム手袋をはめて食器洗いの続き。アクシデント続きでタイムロス続き。予定ではお風呂に入っている時間なのに(願望)。

食器洗いは後回しにして、先に娘とお風呂に入って歯磨きして授乳して寝かしつけて、娘が寝てしまってから洗えばいいのかもしれない。むしろそうすべきなのかもしれない。が、正直私はそこまでできない。娘が寝た後食器洗いをすることに対して、気が進まない自分がいる。授乳の後、食器洗いが待っていると思うとどうにもげんなりするのだ。洗濯ものを畳むのはOKなのに。

今日は結局、いつもより遅い時間に入浴、歯磨き、寝かしつけをして諸々の雑事をやって今に至る。寝る時間が遅いほうが娘の寝つきはいいっていう…。今日みたいな夜は、娘と遊んだり絵本を読んであげたりする時間もないまま寝かしつけているわけで、食器なんて今日洗わずに明日洗ったっていいんだとも思うのだが、明日になってまで前日の食器洗うのも気重っていう…(苦笑)。

こういう時、ダンナがいると子どもの相手と食器洗いと分担できるのかもしれないけど、今の私は口出ししてくる人間がいないことが救いであって、その点においてはもう気楽でたまらない。ジレンマはあっても気楽に育児しよう。