アタリ、ハズレ。

3月に2歳になった娘は、4月1日付で保育園の2歳児クラスに進級。担任の先生も4人中3人がチェンジとなり、私ははじめてリアルで「アタリだよ~」っていうのを聞くことになった。娘のクラスメイトの子のママが言ったんだけど、自分の子の担任をアタリ・ハズレで表現する親ってほんとにいるんだ。で、私自身は正直なところ、その表現を不快に感じる気持ちはさらさらなかった、かな(アタリって言ってるんだし)。小学生の頃にそういう表現が定着してたらよかったのに、とさえ思った、かも(だって、小中高と自分の担任がアタリだと思ったことは1度もないから)。

娘の保育園は数年前に民営化された私立認可であって、毎年担任は変わっても、園にいる先生たちの顔ぶれはほぼ変わらなくて、だから以前上の子の担任だった先生が今度は下の子の担任に……ということもあり(0歳児クラスからだと6年、1歳児クラスからだと5年保育園に通うんだから、そりゃあそうなる)、件のママは上の子がいるから、その手の情報(感想)を持つわけです。